バクオン東灘貨物駅(ナダタマアーカイブス)

写真
2016年3月26日に東灘貨物駅跡に開業するJR摩耶駅

神戸の町の音として、昔から「船の汽笛」なんてよくいわれます。
いわゆる「エキゾチック」っつうやつですか?
「プオー プイプイプイ」なんていったりするんですよね。
そりゃあ、私も小さい頃たま~~~に家族で元町なんかいったり
したときにゃあ大変でした。
まず昼飯。母と父のトンカツ戦争勃発。
母「今日は『武蔵』の海老かつにしよ」
父「いや今日は『呂路』や」
母「ケンイチは『武蔵』がええのに」
父「いや…今日は『呂路』や!」
私「・・・・(どっちでもええ)」

もとい、話が少しそれました。
とにかくどっちか行ったあと、何故かメリケン波止場に散歩に行っ
ていました。そこで「プオー プイプイプイ」でした。
ナダクミンの私にとっては「プオー プイプイプイ」はやはり元町
や三宮へ行く、ちょいよそ行きのハレの音でした。

では、普段使いの灘の「ケ」の音ってなんでしょう?
真っ赤に染まる敏馬の空をバックに、ガード下に潜んでいたナダコ
ウモリがうれしそうにダンスを始める灘の夕暮れ。

「ガガガガチャ!ガチャ!ガチャ~~ン!(チャ~ンチャ~ン…)」

神戸製鋼の煙突をも震わせ、天上寺の鐘も共鳴し、海星のマリア様
も思わず耳を塞ぎ、灘浜のテンコチも失禁してしまうといわれる
あのナダゾチックで灘っ子の腹に染入る爆音。
どこから聞こえてくるかというと…

JR灘駅と六甲道駅の間に「東灘貨物駅」というのがあるのはご存知
でしょうか?以前「なぜ灘区にあるのに東灘貨物駅というのか問題」
でも話題になった駅です。この駅の歴史は古く明治37年に「灘
信号所」として開設されました。その後大正6年に西灘村、西郷町
の有志の熱意が受けられられ旅客専用駅「灘駅」として格上げされ
ました。その時駅がちょいと西(現在の灘駅)に移動し、従来の灘
信号所は新しくできた灘駅の東だから東灘駅(貨物専用駅)とされ
ました。
東灘区民の方、このあたりで「その話納得いかない(ドン!)」
って感じになりませんか?
さっさと神戸市に編入された灘区、ごねて編入が遅れ灘区の東に
なったから東灘区。いっしょですよね~。
いっそ住吉駅を灘駅にしとくべきでしたね~。
残念でしたね~。

話がまたそれてしまいました。

そんな東灘区みたいな東灘貨物駅は神戸港方面にのびる臨港線の
分岐駅として地味に機能しています。
そこで毎日派手に行なわれていたのが
「ガガガガガチャガチャガチャ~~ン」の爆音です。
本線上の貨物を神戸港方面へ移送させるため、貨物列車を編成しな
おす時に貨物車と貨物車と貨物車と貨物車と貨物車と貨物車と
貨物車と貨物車と貨物車と貨物車と貨物車と貨物車と貨物車と
貨物車と貨物車と貨物車と貨物車と貨物車と貨物車と貨物車と
貨物車と貨物車と貨物車と貨物車と貨物車と貨物車と貨物車と
貨物車と貨物車と貨物車と貨物車と貨物車と貨物車と貨物車と
貨物車と貨物車と貨物車と貨物車と貨物車と…貨物車が50両ばか
りぶつかりあう音なのです。夕方になると、遠くの方からあの
「ガガガガガチャガチャガチャ~~ン」がやってくるのです。文字
だとうまく表現きませんが、ドミノ倒し的といいますか、伝言ゲー
ム的といいますか、都賀川(大石川)あたりから西に向かって爆音
が走り抜けるのです。ちょうど腹が減ったところに響くその爆音は、
灘っ子にとっては空腹に轟く時鐘であり、もうすぐご飯の知らせで
あります。
「腹がグー、貨物がガガガチャガチャガチャ~~ン」
中田ダイマルラケットの漫才のように毎日繰り替えされる儀式なの
です。

かつてはヨーロッパ行きの客船の乗客を神戸港へと運ぶ「ボート
トレイン」も通った東灘貨物駅
市バスのバス停もあった東灘貨物駅
王子動物園の動物達を下ろした東灘貨物駅
貨物列車がいっぱい止まっていた東灘貨物駅
重油臭かった東灘貨物駅
電車から見てもどこが駅かわからない東灘貨物駅
照明灯がとっても明るい東灘貨物駅

それでいつもレールが光っている東灘貨物駅
…なんだか森本レオの『母さんの歌』みたいになってしまいました
が、そんな大好きな東灘貨物駅から港へと伸びるあのノンビリとした、
臨港線も廃止されると聞きました。

あの爆音が聞こえなくなって何年経つのでしょう。いや今でも聞こ
えているのかもしれませんが、大人になって聞こえなくなってしま
ったのかもしれません。(それはありうる)

みなさんもどうぞたまには街に(遠く灘を離れた方は記憶の中の灘の
街に)耳をすませて見てください。
忘れていたあの街の音が聞こえてくるかもしれませんよ。

今日耳をすませば、上空には報道ヘリの爆音。
震災から7年経ちました。

(naddis020120-113 ナダソニック10「バクオン東灘貨物駅」2002.1.20より)

Share on Facebook

2016/3/5(土)第11期灘大学vol.6「灘文学~灘風文筆生活のススメ」

15灘風文筆生活

3月の灘大学最終講義は文学枠。灘がいかに文筆生活に適している街か…今乗りに乗っている灘区在住の二人のライターが語るトークサロンです。(サイン本の販売あり)

●日時
2016年3月5日(土)10:00〜12:00

●会場
9:45古本屋ワールドエンズ・ガーデン

●受講料
500円(灘大学生は無料)
※受講料は会場にてお支払いください

●申込方法
・メールで
住所、氏名、電話番号、灘百選の会の会員・非会員を記入の上件名に
「第6回灘大学係」と明記し下記までお申し込みください。
nadaku@office.city.kobe.lg.jp

●主催・問い合わせ
「灘百選の会」事務局 TEL:078-843-7001(内線223)

●ゲスト
西岡 研介さん
1967年、大阪市生まれ。元神戸新聞記者。「噂の真相」「週刊文春」「週刊現代」を経て、フリーランスに。2008年に『マングローブ テロリストに乗っ取られたJR東日本の真相』で講談社ノンフィクション賞を受賞。著書に『襲撃 中田カウスの1000日戦争』、共著に『ふたつの震災』など。灘区在住。

松本 創さん
1970年、大阪府生まれ。神戸新聞記者を経て、現在はフリーランスのライター・編集者。関西を拠点に、政治・行政、都市や文化などをテーマに取材し、人物ルポやインタビュー、コラムなどを執筆。著書に『日本人のひたむきな生き方』『誰が「橋下徹」をつくったか』、共著に『ふたつの震災』など。灘区在住。

Share on Facebook

2016/2/13(土)第11期灘大学vol.5「灘経済学~1980年代阪急六甲トーク」

15阪急六甲

2月の灘大学は、1980年代、折からの女子大生ブームもあって華やいでいた阪急六甲北側の坂道周辺の少し懐かしい街話トークセッション。貴重な資料や映像を見ながらあの頃を振り返ります。

●日時
2016年2月13日(土)10:00〜12:00

●会場
9:45神戸学生青年センター

●受講料
500円(灘大学生は無料)
※受講料は会場にてお支払いください

●申込方法
・メールで
住所、氏名、電話番号、灘百選の会の会員・非会員を記入の上件名に
「第5回灘大学係」と明記し下記までお申し込みください。
nadaku@office.city.kobe.lg.jp

●主催・問い合わせ
「灘百選の会」事務局 TEL:078-843-7001(内線223)

Share on Facebook

2016/1/16(土)第11期灘大学vol.4「蔵出し!灘アーカイブス」

31

1月は恒例の「蔵出し!灘アーカイブス」です。今年は灘区南部で撮影された貴重な古写真のスライドショー。教室は灘の老舗「樽正」。なんと試食付です!(先着50名)

●日時
2016年1月16日(土)10:00〜12:00

●集合
9:45樽正本店

●受講料
500円(灘大学生は無料)
※受講料は会場にてお支払いください
※灘大学入学申込み済みの方は年間受講料をお支払いください

●主催・問い合わせ
「灘百選の会」事務局 TEL:078-843-7001(内線223)

Share on Facebook

【灘の昼ごはん360食目】チキンバターマサラ「Bセット」

昼160106

灘区を地層的に見ると高尾通〜国玉通あたりに、まるでカレールーに浮いたギーの様にうっすらと「インド層」がある。かつて摩耶山から流れ出す聖水「マーヤヤーマ」が山麓で湧き出し、そこにインド人が居住し、灘区〜旧葺合区独特の「高所性インド集落」を形成していった。やがて彼らはトーガガワ流域を南下、シノーハラ公園でしばしばネイティブナダクミンとグランドの取り合いで衝突した(俗に言う印ナ紛争)。ターバンを巻いた彼らは攻撃的なナダクミンに反撃せず「お母ちゃんに言うたるからな〜」という予想外の言葉を繰り返しながら非暴力抵抗を貫いた。「灘山の手インド層」に昨年末新しい店がオープンした。メニュー名そのまま店名にしてしまったようなストレートさが意表をつく「チキンバターマサラ」のドアを開けた。同じくインド層にあったパンチの効いたカレーとインド人マスターが印象的な伝説の店「Desi Chai」に通じるモダンインド感がうれしい(そう、いかにもインド感苦手なんです)。ランチメニューの中から店名と同じチキンバターマサラのセットを注文すると、ターバンではなくベースボールキャップを被った若い店長が大きなナンと鮮やかなオレンジ色のカレーを運んできた。一口食べると印ナ紛争の切ない思い出が脳裏をよぎった。戦い途中で靴ひもがほどけたインド人少年兵のちょっと傾いたターバンと「もー!靴ひもほどけたやん」の叫びを!

チキンバターマサラ「Bセット」
●場所
神戸市灘区国玉通2-1-12-101(坂バス国玉通2バス停東)
●本日の昼食
チキンバターマサラ、ナン、サラダ
880円

Share on Facebook

2015/12/12(土)第11期灘大学vol.3「灘建築学〜安藤建築 ウォーク&トーク」

15安藤忠夫

第3回目の講座は、灘区とも縁がある建築家タダオ・アンドーにスポットをあてます。講師は安藤建築にも造詣が深い、森山高至(建築エコノミスト)さんをお招きします。
※一般参加も受け付けますが灘大学枠を優先します。(先着50名)

●日時
2015年12月12日(土)
ウォーク 13:00〜
トークショー 15:00〜(神戸大学工学研究科棟)

●集合
12:45護国神社前公園

●受講料
1000円(灘大学生は無料)
※受講料は会場にてお支払いください
※灘大学入学申込み済みの方は年間受講料をお支払いください

●申込方法
・メールで
住所、氏名、電話番号、灘百選の会の会員・非会員を記入の上件名に
「安藤建築係」と明記し下記までお申し込みください。
nadaku@office.city.kobe.lg.jp
・区役所で
灘区役所4F「灘百選の会」事務局(まちづくり課内)にある
申込書に必要事項を記入のうえお申し込みください。
※灘大学入学申込み済みの方は申込み不要です
※ご記入いただいた個人情報につきましては、本講座以外での使用は一切いたしません。

●主催・問い合わせ

「灘百選の会」事務局 TEL:078-843-7001(内線223)

●ゲスト
森山高至さん
建築エコノミスト
W大理工学部建築学科卒業後、政治経済学部大学院を卒業。
あるときは建築家として家やビルを建て、またあるときは
地域産業の復興や地方の町興しに奔走し、またまたあるときはTVや新聞等のマスメディアでコメンテーター、果たしてその実態!はマンガやアニメの超強力な応援団。そんな視点から日本の建築業とそれをとりまく経済と生活を考えます。
NHKテレビ「らいじんぐ産」出演
NHKラジオ「午後のまりやーじゅ」出演

Share on Facebook

2015/10/3(土)第11期灘大学vol.1「灘色彩学〜Kobe INK物語 灘色開発秘話」

竹内さん

第11期灘大学がスタートしました。第一回目の講座は、神戸の色にこだわった万年筆インクシリーズ「Kobe INK物語」の開発に携わった竹内直行さんをお招きして、水道筋マルシェブルー、青谷カスケードグリーン、摩耶ラピス、王子チェリー、六甲グリーン、灘ブラウンなど灘色開発秘話をお聞きします。
※一般参加も受け付けますが灘大学枠を優先します。(先着30名)

●日時
2015年10月3日(土) 10:00〜12:00

●会場
王子地域福祉センター(阪急王子公園北)

●受講料
500円(灘大学生は無料)
※受講料は会場にてお支払いください
※灘大学入学申込み済みの方は年間受講料をお支払いください

●申込方法
・メールで
住所、氏名、電話番号、灘百選の会の会員・非会員を記入の上件名に
「第1回灘大学受講希望」と明記し下記までお申し込みください。
nadaku@office.city.kobe.lg.jp
・区役所で
灘区役所4F「灘百選の会」事務局(まちづくり課内)にある
申込書に必要事項を記入のうえお申し込みください。
※灘大学入学申込み済みの方は申込み不要です
※ご記入いただいた個人情報につきましては、本講座以外での
 使用は一切いたしません。

●主催・問い合わせ

「灘百選の会」事務局 TEL:078-843-7001(内線223)

●ゲスト
竹内直行さん
ナガサワ文具センター商品開発室室長
神戸が大好き。そして文具が大好き。
万年筆、手帳、インク等・アナログアイテムについて語りだすと時を忘れてしまう事も・・
趣味は「旅をする事」、「カメラ」、「車」、「盆栽」、「神戸散策」、「ローカル鉄道」、「寺めぐり(特に庭園に興味り)」

Share on Facebook

2015年4月11日(土)灘大学特別講座 ひし美ゆり子さんトークショー

ZXRR6311

灘区ロケ作品を極める灘大学映像学科の特別講義のご案内です。
今回は富士山麓の地下にある地球防衛軍極東基地からシークレットハイウェイR9でひし美ゆり子さんと古谷敏さんをお招きして、懐かしい灘ロケ秘話をお話しいただきます。

●日時
2015年4月11日(土)  17:00〜18:30(開場16:30)

●会場
BBプラザホール(神戸市灘区岩屋中町)

●受講料
2000円 (灘百選の会会員は記念品付)
※受講料は会場にてお支払いください

●申込方法
・メールで
住所、氏名、電話番号、灘百選の会の会員・非会員を記入の上件名に
「灘大学トークショー」と明記し下記までお申し込みください。
nadaku@office.city.kobe.lg.jp
※ご記入いただいた個人情報につきましては、本講座以外での使用は一切いたしません。

●申込締切
4月3日(金)先着順

●主催
灘百選の会

●後援
灘区役所、神戸新聞社

●問合せ
imamoe@kobe-np.co.jp

●ゲスト
ひし美ゆり子さん
東京セニョリータ準ミスがきっかけで女優となる。『ウルトラセブン』のアンヌ隊員として、今なおファンに慕われる存在。

古谷敏さん
初代ウルトラマンのスーツアクターで数々の名シーンを演じ、ウルトラセブンではアマギ隊員役を演じる。著書に『ウルトラマンになった男』

※写真は2012年3月8日に灘区で開催されたトークショーの様子

Share on Facebook

2015/3/15(日)第2回薪ストー部トーク 山納洋さんトークショー

毎回、山に関わる人をお招きしての摩耶山薪ストー部トーク、3/15はリュックサックマーケットの立ち上げに関わり、大谷茶屋、高取山のリ・ブランディングなど数々の「山の仕掛け」に携わりながら、六甲縦走キャノンボーラーでもある山納洋さんがゲストです。摩耶山リュックサックマーケットのスタート秘話などをナダタマ管理人、naddistとのクロストークでお届けします。

●日時
2015年3月15日(日) 16:30 ~18:00(開場16:00)

●会場
摩耶ビューテラス702(摩耶ロープウェー星の駅2階)

●参加費
1,000円(ドリンク券付)

●申込
申し込みフォームはこちら


●問い合わせ

monte702 TEL:078-882-3580

●ゲスト
山納洋さん
1993年大阪ガス(株)入社。神戸アートビレッジセンター、扇町ミュージアムスクエア、メビック扇町、大阪21世紀協会のプロデューサーを経て、現在大阪ガス(株)近畿圏部に在籍「common cafe」、「六甲山カフェ」、「Talkin’About」「Walkin’About」などをプロデュース。

薪ストー部トーク02

Share on Facebook

2015/3/14(土)第10期灘大学vol.6「灘の身体論 〜カラダあっての灘だね〜」

14灘の身体論

筋肉を捨て、感覚を深めよ。
3月の灘大学は、元ラグビー日本代表がみつけた、スポーツ科学とはまったく異なる視点&「身体」と「教育」の新たな接点をやわらかに語った、『近くて遠いこの身体』の著者であり灘区在住のアスリート、平尾剛さんをお招きして楽しくマナびます。

●日時
2015年3月14日(土) 10:00〜12:00

●会場
王子スポーツセンター体育館1階会議室

●受講料
500円(灘大学生は無料)
※受講料は会場にてお支払いください

●申込方法
・メールで
住所、氏名、電話番号、灘百選の会の会員・非会員を記入の上件名に
「第6回灘大学受講希望」と明記し下記までお申し込みください。
nadaku@office.city.kobe.lg.jp
・区役所で
灘区役所4F「灘百選の会」事務局(まちづくり課内)にある
申込書に必要事項を記入のうえお申し込みください。
※ご記入いただいた個人情報につきましては、本講座以外での
 使用は一切いたしません。

●主催・問い合わせ

「灘百選の会」事務局 TEL:078-843-7001(内線223)

●ゲスト
平尾 剛さん
1975年大阪生まれ。同志社大学、三菱自動車工業京都、
神戸製鋼コベルコスティーラーズに所属、1999年第4回
ラグビーワールドカップW杯日本代表に選出。
2007年に現役を引退し、現在は神戸親和女子大学発達教育
学部で講師を務める。

Share on Facebook